カテゴリー別アーカイブ: フォーミュラ4

一番速い奴は誰か…。F4日本一決定戦

モータースポーツ科10期生、F4班最後の参戦レースとして、ツインリンクもてぎで開催された日本一決定戦に参戦してきました。
F4の東西シリーズの車両が一堂に集結し、エントリーは20台と非常に盛り上がるレースとなりました。

今回TeamNATSからは3台のエントリーとなり、
#72 NATS001 金井先生
#73 WEST006 早野選手
#17 MC090 小倉選手 で参戦となりました。

4日(木)からサーキット入りし、6日(土)まで練習走行を繰り返し、ドライバーとクルマがリンク出来るように…といった気持ちで、セットアップを進めていきました。
P1080614P1080403 P1080429P1080439
大きなトラブル等もなく、各車セットが進みます。走行後はドライバーとのコミュニケ―ションを計り、クルマの状況を確認していきます。

そして迎えた7日(日)は朝一で予選が行われました。この予選は決勝レースのスターティンググリッドを決めるセミファイナルにむけた予選です。 天気は良いものの気温が低く、前半はタイムが伸び悩むも、タイヤが温まった後半より各車ベストタイムを更新していきます。そして予選結果は、
#72…4位
#73…11位
#17…14位
となりました。

その後セミファイナル(8Lap)のレースでは、珍しく#72の金井先生がスタートでストールしてしまい、一時順位を落とすも挽回して7位チェッカー。#73早野選手12位、#17小倉選手は13位となりました。
IMG_1293
IMG_1288IMG_1291
ファイナルレースは13:45スタートで15Lapで争われました。このレースが荒れたサバイバルレースに…。#72はセミファイナルからの挽回をするべく、見事なスタートダッシュで一時は3位まで順位をアップさせます。がしかし、後続車に捕まえられ、5位で順位をキープし後半に…。
#73はスタート後の3コーナーで他車と接触しスピン。再スタートをするも順位を大きく落とします。
#17号車は予選タイムよりペースをアップながらポジションを上げていきます。
そして後半、なんとトップと2位を走っていた車両が相次いでマシントラブルによりリタイヤに…。
そして#72金井先生は3位に浮上!!#73早野選手はアルミクラスで2位まで浮上しそのままチェッカー!!見事表彰台となりました。
#17小倉選手、一時はシングルまで順位を上げていましたが最終コーナーで痛恨のスピンをしてしまい、結果は14位となりました。

P1080700P1080747
金井先生は富士アルミF4レース、鈴鹿西日本最終戦、日本一決定戦と3連続表彰台となりました。また早野選手は9月の富士に続きアルミクラス2位表彰台と一年を締めくくるのに良いレース結果となりました。

IMG_1372IMG_1162
このシーズンオフに車両開発を進め、来シリーズのチャンピオン目指して頑張ります。今シーズンも多くのご声援本当に有難うございました。

F4アルミモノコックレースにて優勝!!

11月1日に、富士スピードウェイにて初開催となった『FCR-F』クラスのレースに参戦しました。
このレースは2008年のレースレギュレーションに合わせたF4のアルミモノコック車両のみが参戦出来るレースで、来年はシリーズ戦も予定されています。
普段のF4東日本シリーズでは、カーボンモノコック車両のF4が増える中、NATSではアルミモノコック車両もレベルアップするべく、チューニング、メンテナンスを行い参戦しています。

IMG_0623 IMG_0622
今回#73(WEST006)号車として走行している車両に、金井先生が乗る事になり、ゼッケンも#72に変更!!金井先生も久しぶりのアルミ車両でのレースを楽しんでいます。

P1070355 P1070353
生憎の天候となってしまった金曜のテスト走行、足回りを中心にセットアップを煮詰めていき、感触の良い形でテスト走行も終了しました。

P1070377
1DAYにて予選決勝が行われた1日の土曜日も天候は雨に…。
朝一で行われた予選でも調子よく、ポールポジション獲得となりました!!

IMG_0627
一番前から見る景色はやっぱり良いですね!!

そしてフォーメーションから、12周のレースがスタートし、金井先生は見事なホールショットから後方を引き離しにかかります。
がしかし、レース中盤にスピン車両がコースを塞ぎ、セーフティーカー(SC)が導入されレースは振り出しに…。

2周でSCがいなくなりレース再スタート後、金井先生はまた後方を引き離し、そのままトップチェッカー!!

IMG_0643 IMG_0650
ぶっちぎりのゴールで学生達も大喜びでした!!

P1070396
見事ポール・トゥー・ウィンで優勝となったチームNATS。残るレースも優勝目指して頑張ります。

応援ありがとうございました!!

F4シリーズ終盤…富士スピードウェイ2連戦

今回は5月のもてぎ同様、一大会2レースの富士チャンピオンレースに3台体制でチームNATSは挑みました。

20日(土)は、西日本シリーズ第5戦予選・決勝と、東日本シリーズ第6戦(シリーズ最終戦)の予選、21日(日)は東日本の決勝と、非常に慌ただしいレーススケジュールとなりました。

NATSは金曜から富士スピードウェイに入り、5本のテスト走行をしながら、セッティングを煮詰めていきました。

P1070190 P1070048P1070202 P1070045P1070102 P1070149 P1070157 P1070159 P1070162 P1070164P1070215 P1070258

#73号車と#17号車は予選に向け順調にセッティングが進むも、#72号車には突如ブレーキトラブルが発生…。修復作業に時間が取られてしまいます。

そして予選日を迎え、まずは西日本の予選からスタートし、#72はブレーキトラブルの不安を抱えたまま予選に挑む事に。
微妙なフィーリングからタイムが伸び悩み、金井先生は総合8位に…。
#73は西日本のレースと東日本のレースとでドライバーが変更となるため、まずは早野選手がアタック!!テストの時よりもタイムアップをするも総合22位(アルミクラス5位)に。
#17小倉選手もタイムアップして総合23位となりました。

続く東日本の予選に向け、セットアップを各車変更し、更にタイムアップを狙います。

そして東日本の予選。#72の金井先生が再度アタック開始をするも予選順位は西日本同様8位に…。
#73号車は早野選手から倉富選手と変更となりアタック。結果は総合24位(アルミクラス5位)、#17小倉選手総合25位となりました。

各車予選後のメンテナンスを行い、そのまま西日本シリーズ第5戦の決勝に挑みます。
DSC_7088

DSC_7093

DSC_7107

15周で争われた決勝。各車スタートでのジャンプアップもあり、#72金井先生は総合4位入賞。#73早野選手は総合17位(アルミクラス3位表彰台)、#17小倉選手は総合16位となり、それぞれが良い結果となり、翌日の東日本シリーズの決勝へも期待が持てるレースとなりました。

その後はまた各車メンテナンスとセッティング変更に…。またブレーキへの不安解消の為、#72号車は深夜にまで及ぶ作業となりました。

DSC_7145

DSC_7141

DSC_7140

そして日曜日の決勝。各車順調にスタート。各コーナーでバトルが繰り広げられ、熱いレース展開が行われる中、クラッシュによりセーフティーカーが導入されます。クラッシュした車両回収が終わると、レース再開。そこからは我慢のレース展開になっていきます。 そんな中、#73号車は突如エンジンが吹けなくなるトラブルが発生し、急遽Pit-IN。その場でチェックするも特に問題が無く、再スタート。最後まで走り切るも規定周回数が足らず、完走扱いならず…。
#72号車の金井先生も後半ペースダウンしてしまい、総合9位に。#17小倉選手は順位をアップし22位でゴールとなりました。

残るレースは西日本シリーズ第6戦最終戦鈴鹿と、日本一決定戦のもてぎです。トラブルの状況を再確認し、更なる戦闘力アップを目指して頑張りますので、応援の程よろしくお願いします。

真夏のF4第5戦筑波

少し遅くなりましたが、夏休み一発目に行われたF4のレポートです。

NATSも8/1より夏休みとなりましたが、その1日から3日間、茨城県の筑波サーキットにてF4東日本シリーズ第5戦筑波ラウンドが行われました。

今回はNATSで開発を進める『NATS001』のみの参戦となりましたが、インターバルが約2ヶ月間あったので、マシンのポテンシャルアップを図るべく、リアの足回りを全面改良しました。

1日と2日はテスト走行を繰り返し行い、1Dayで行われる予選・決勝に向けてセットを煮詰めます。足回りの改良によりマシンの挙動も良くなったことから、様々なセット変更をしながらベストなセッティングにしていきました。
DSC_6099P1060880
サーキットについたらまずはピット設営や準備から。そして走行用のタイヤも日の当たる所に置き温めながらエア圧を合わせていきます。

タイムもコンスタントに刻めるようになり、予選・決勝へと期待が持てる仕上がりとなりました。
DSC_6108DSC_6109
P1060918P1060909
夏場のピットレーンはまさに灼熱地獄!!クルマにもドライバーにも負担が掛かります。その為走行後の細かなチェックがトラブルを未然に防ぎます。

そして好調の中挑んだ予選でしたが他チームもタイムを伸ばし、結果は4位のセカンドグリッドからスタートとなりました。

IMG_1459
グリッドでの記念撮影。金井先生がトップでゴールする事を願います。P1070008
迎えた決勝スタート。金井先生が見事なダッシュを決め、3位にアップして1コーナーに入ります。そして、第一ヘアピンに向かうところで事件が…。
DSC_6122DSC_6120
第一へアピンの進入で後続車より接触されてしまい、コースアウト。アンダーパネルの変形とホイールが割れてしまいリタイアに…。
テストからマシンが好調だっただけに、悔しい結果となってしまいました。

次戦は9月に富士スピードウェイで東日本の第6戦が土曜日に行われ、日曜日に西日本の第5戦が行われる2連戦となります。
しっかりメンテナンスを行い、次戦では表彰台に上がれるよう頑張ります。
当日応援に来ていただいた皆様ありがとうございました!!