カテゴリー別アーカイブ: 整備科2年

2年 後期始業式

皆さんこんにちは。                                台風18号の影響であいにくの天候でしたが、2年生の後期始業式が執り行われましたのでその様子をお伝えします。

sigyou1

sigyou2

後期の始業にあたり、教頭先生より11月に開催されるNATS技能競技大会に向けて、また、来年3月に実施される2級自動車整備士登録試験に向けて「大人としての責任ある行動と態度で自覚を持って臨んでもらいたい」というお話をいただき、学生たちも真剣に話しに耳を傾けていました。

sigyou3

その後各クラス担任の先生から後期に向けての心構えと激励の言葉があり始業式は閉会となりました。

sigyou4

あいにくの天候での後期始業式となりましたが「雨降って地固まる」の諺通りしっかりと地に足を付けて整備科の残り半年、悔いの残らないように学生の皆さん頑張りましょう!

NATS軽ダートCUP 2年プレ走行会

皆さんこんにちは。

先日は体育祭の様子をお伝えしましたが、今回は自動車を使った運動会ならぬ、NATS軽ダートCUP 2年プレ走行会の様子をお伝えします。この会の目的として10月に行われる全校での本大会に向けてのドライバーのローテーション、燃費計算、周回ラップタイムなどのデータ収集がメインとなっています。

2年生が手塩にかけてメンテナンスしたマシンたちです。

keipre1

4月に行われた模擬走行会では、走行時間は45分でしたが今回は本大会と同じ90分間で行われます。開会式では、各種ルールの説明注意事項などが主催者のモータースポーツ科から行われその後競技開始となります。

keipre2 keipre3

keipre4 keipre5

スタート前の準備が整いセーフティーカー先導によるローリングスタートで走行開始です。

keipre6

keipre7

keipre8 keipre8-1

4月の走行会ではコースアウト、車両トラブルなど色々ありましたが、今回は大きなトラブルもなく順調な走行が続きます。

keipre9

ドライバー交代も速やかに、タイヤ交換も手早く行っていました。さすがに2年生です。

keipre10 keipre13

keipre11 keipre12

時間は刻々と経過し90分間の走行時間が終了。全車無事にチェッカーフラッグを受けました。

keipre15

90分間ダートコースを走りきると車も疲れます。

keipre18 keipre17

今回は2年G研クラスが優勝の栄誉に輝きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

G研クラスの皆さん先生、おめでとうございます。

本番は1ヶ月後です。今回取れたデータを分析して本大会でも良い成績を残せるよう頑張ってください。90分間走りきったドライバーの皆さんそして各クラスの愛車たち、お疲れさまでした。

 

2年ドライビングトレーニング その2

その1に引き続き2年ドライビングトレーニングの紹介です。

その1で危険回避、狭所方向転換、車庫入れの様子をお伝えしました。次に紹介するのは積載車の取扱方法です。

お客様の車の回送や動かなくなってしまった車を運搬するのに必要不可欠な車両です。トレーニングの設定は不動車を積載車上に引き上げ固定した後工場まで運搬するという設定です。

sekisai1

sekisai2 sekisai5

まずウィンチで車両を引き上げます。その後後方より車を固定し、荷台を上げて完了です。

sekisai3 sekisai4

続いて、片滑り路面でのブレーキング体験です。ここでは、ABSの装備されている車とされていない車の動きの違いを体験させます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一目瞭然、ABS付の車はスピン状態に陥ることもなく安定して停車することが出来ました。一般道路でこのような状態にならないように先の状況を読んだ運転をしてもらいたいですね。

最後に自動車の最新技術である追突防止機能、誤発進防止機能の体験です。障害物へブレーキを踏まずに向かっていくのは恐怖を感じますが、学生たちは頑張りました。

wagonr1

wagonr2

この驚いた表情が物語っています。(写真では分かりづらいかもしれませんが・・・)

誤発進防止機能の体験では輪止がないので停止状態を維持できませんが、アクセルをいっぱいに踏んでも車はゆっくりとしか発進しませんでした。こうして、車の最新技術の体験をはじめ、各種カリキュラムで2年生のドライビングトレーニングを実施しています。

このような体験が出来るのもテストコースがあるおかげです。学生の皆さん、今回の体験を忘れることなく、これからの仕事や車の運転に活かしてくださいね!

2年ドライビングトレーニング その1

本校独自のカリキュラムにテストコースを利用したドライビングトレーニングがあります。1年次はプロのドライバーを招き、基本的な運転姿勢ブレーキの操作方法などを通学で使用している自分の車で体験をしました。

2年次では乗り慣れない車での車両感覚、積載車への積み降ろしなど教員が考えたメニューでトレーニングを行っています。今回はその様子をお伝えします。

まずは危険回避です。2台の車両を使用し時速30km、40kmで走行し、点灯したシグナルと反対側へ避けるという物です。

kiken1

kiken3 kiken2

実際に車内から見るとこのように見えます。

kiken4

kiken5

時速30kmでは余裕で避けることが出来ますが、40kmに車速を上げると避けることが難しくなります。10kmの差は大きいですね。しかし、学生たちはしっかりと対応し全員がクリアすることが出来ました。

続いて、狭所方向転換です。車の全長プラス前後1mほどに設定されたスペースへ前進で進入し、方向転換後前進で出るというメニューです。実際はこのような感じです。

takotubo1

takotubo2

車両の感覚をいかに早くつかみ、どう動かすかをよく考えないとこの狭い中での方向転換は難しいようです。学生たちも苦労していました。

同じようなメニューですが、指定されたスペースへの車庫入れの練習です。車の幅とほぼ同じくらいのスペースへバックで駐車します。サイドミラーからの情報で距離をつかみ動かしますがこれもかなり苦労していました。

syako1

syako2

慣れない車の車両感覚をつかむのはなかなか難しいですね。

残りのメニューの様子はまた後ほどご紹介します。お楽しみに!