#

学園の沿革

5つの建学の精神を基本に
優秀な技術者の育成、
人間教育に努めています。

1989

NATS開校

建学の精神
本校の建学の精神は自動車産業界の一翼を担う若き優秀な人材を育成し、日本の自動車産業界発展に貢献、さらには世界でも通じる技術と能力を養い、若者の夢を叶え、そして育むことを掲げています。

校訓
健康・実践・向上

教育方針(理念)
一、企業幹部人材の育成
二、高度な技術力の養成
三、企業ニーズへの対応
四、自動車整備教育水準の向上
五、国際性の涵養


1990

日本初の4年制・自動車経営科を設置

現在はあたり前のようにある1級自動車整備士コースも、当時はまだ試験が実施されていなかったため、どの学校にも対象コースは存在しなかった。しかしNATSは早くから1級自動車整備士像を想定した独自のカリキュラムを構築し、自動車経営科(現:自動車研究科)として全国に先駆けスタートさせたのである。このことは新聞や雑誌などに大きく取り上げられ、全国にNATSの名が轟くこととなる。


1991

BMWコース設置(2001年まで)
BMWと業務提携を結び、BMWグループの技術者養成に特化した専門コースを設置。


1995

イギリスのカレッジと姉妹校締結

国内外で活躍できるグローバルな人材を育成するため、NATSでは、海外で様々な経験ができる教育環境を求め、英国ビバリーカレッジと教育提携を結ぶ。また、英国自動車工業会(IMI)にNATSの教育プログラムが認められ、IMI発行の「自動車整備士」資格を取得する機会を与えられた。


1996

ハイテクセンター「HOPP」が完成

将来の自動車整備士の技量として、接客応対の重要性を早くから謳っていたNATSは、ショールームとハイテクセンターの機能を併せ持つ実習棟HOPP(Holonic Pier Plaza)を完成させる。またサスペンションテスタやホイールアライメントテスタなど、当時最先端の検査機器を導入し、就職先企業から好評を博す。


1998

全国に先駆けてカスタマイズ科を設置
矢部学校長が目にしたアメリカ西海岸に根付くカスタムカー文化。日本にも必ずこうしたムーブメントが起こり得ると確信し、日本初のカスタマイズ科を立ち上げる。東京オートサロンへは準備段階の前年から出展をはじめ、いきなり2年連続でコンテスト入賞を果たし、NATSの名は一気に全国区へ。


校名を専門学校ニホン・オートモービル・カレッジに変更

開校時の専門学校ニホン・オートモービル・ハイテクニカル・スクールから校名変更。


2000

NATSサーキットが完成

「楽しく学ぶ」をキーワードに整備してきた施設設備の集大成として、一周1.2kmのサーキットコースと1.5kmのダートコースを備えたNATSテストコースを設置。これでキャンパスの敷地面積が東京ドーム3コ分となり、全国でも屈指の自動車大学校となる。


2002

ル・マン24時間レースへ学生派遣開始
世界中のモータースポーツファンを魅了する最高峰のカテゴリー「ル・マン24時間レース」に、NATSチャレンジ・ピットクルーを派遣開始。この後スーパ-GTシリーズやラリージャパン、全日本ロードレース選手権などへの派遣も始まった。(ル・マン24時間レースでの学生ピットクルーは2007年まで行われた)


2003

NATS 80棟完成

実習設備の充実を図るため、大型自動車にも対応する高さを備える全長80mの巨大実習棟「NATS80棟」を完成させる。1階には17基のリフトが並び、2階には学科教室をはじめ3D-CAD教室などがある。


2005

モータースポーツ科を設置

近年高まるモータースポーツの人気を受けて、非常にニーズの強かったレースメカニックの養成を図るモータースポーツ科を設置。実際のレース活動を通じて学ぶスタイルで、モータースポーツ業界に続々と卒業生を輩出している。


2006

校名を“日本自動車大学校”へ
ニホン・オートモービル・ハイテクニカル・スクールという校名でスタートしたNATSは、開校10年目に規模が大きくなったことなどからニホン・オートモービル・カレッジに校名変更する。さらに市町村合併により所在地が日本の玄関口“成田市”となったのを機に、校名も名実共に日本一を目指す“日本自動車大学校”へと改名した。


2009

東京オートサロンでカスタムカーW受賞

毎年1月、幕張メッセで行われているカスタムカーの祭典「東京オートサロン」の国際カスタムカーコンテストで、本校出展のNATS LONG3がセダン部門・優秀賞、NATS GT-Kがコンパクトカー部門・最優秀賞のW受賞という快挙を達成。


2010

世界カーデザインコンペ優勝
世界的に有名なカーデザイナーが審査員に名を連ねるデザインコンペ「the PDP Award Andrea Pininfarina」で自動車研究科の手掛けたカーデザインが優勝に輝く。


Formula 4グランドチャンピオン獲得

モータースポーツ科がナショナルフォーミュラシリーズ「F-4」で参戦3年目にして念願のグランドチャンピオンを獲得。


2011

第42回・東京モーターショーに自動車大学校史上初出展
各科の持てるパワーを集結させて製作されたスポーツEVカー『NATS EV-Sports Prototype01』が自動車大学校史上で初めて東京モーターショー出展を果す。


2013

第43回・東京モーターショーにスポーツEVカー『NATS EV-Sports Prototype02』を出展
フレームからすべて設計した学生製作のEVスポーツカーを東京モーターショーへ2回連続出展する。


2014

東京オートサロンでカスタムカーグランプリ受賞
東京オートサロンの国際カスタムカーコンテストで、NATS EV-Sports Prototype02が、出展車両約800台の頂点となるカスタムカーグランプリを獲得する。


2015

全日本学生フォーミュラ大会で総合6位入賞、自動車大学校5年連続1位
決勝はおろか予選通過さえもままならない超難関レースとして知られる全日本学生フォーミュラ大会で自動車研究科チームが参戦6年目にして総エントリー90チーム中で総合6位入賞、自動車大学校の中では5年連続の1位に輝く快挙を達成。


全日本EVグランプリで3年連続シリーズチャンピオン獲得
日本で行われるエコカーレースの最高峰シリーズで3年連続チャンピオンに輝く。


2016

東京オートサロンで3年連続優秀賞受賞

東京オートサロンの国際カスタムカーコンテストで、NATS CAMPFIREが優秀賞を受賞。