#

自動車整備科/2年

国家資格である
2級自動車整備士資格取得を目指します。

自動車の基本的な「走る・曲がる・止まる」を徹底的に学びます。

実際の車両を使った実習は、エンジンやミッションの分解・整備・調整・走行試験まで、キャンパス内のテストコースを存分に活かしたカリキュラムで、自動車の基礎から応用まで段階的に学べます。また規律やマナー、コミュニケーション能力など、社会人として必要な素養を身につけます。

クルマを使った実習とテスト走行で最終チェック

様々な自動車メーカーの車両を使ってエンジンやミッションの分解・整備・調整、各種テスタでの確認、テストコースにおける走行試験など、実際の仕事さながらの授業が展開されます。また学科と実習を密にリンクさせ、机上で得た知識をすぐに車両で確認できるシステムを導入しています。

自動車業界のニーズに対応した授業カリキュラム

企業からいただく要望の中で特に多いのが接客応対能力です。NATSではお客様に整備説明をしたり、商談や見積りといった接客業務をシミュレーションで体験し、必要とされるコミュニケーション能力を身につけています。またその裏付けとしてソーシャル検定といった資格の受験も行います。

運転などのスキルアップを図るドライビングトレーニング

運転の基礎から応用、ABSの作動体験、四輪駆動車の操作方法や悪路走行時のポイント、故障車などを運搬するために使うセーフティローダーの取扱いや荷台への固定方法、限られたスペースで行う狭所方向転換や車庫入れといった、整備技術以外にも仕事で必要とされる技量を鍛えられます。

二輪自動車実習

実習車は原付から中型クラスまで幅広くラインナップし、基礎から応用まで技術の修得ができます。二級二輪自動車整備士の資格取得も可能で、二輪関連企業へ就職することもできます。

技能競技大会

自動車整備科2年間の集大成として行われ、実際の整備工場を想定し、点検整備ならびに故障原因の探求と修復、整備説明まで、限られた時間内にどれだけ正確に仕事を行えるか競います。

工場現場実習

自動車ディーラーや整備工場などパートナーシップを結ぶ企業でメカニック体験や接客応対といったサービス業務が体験できる研修制度で、社会に出る前に実践力を養えるプログラムです。

専攻専科実習

資格取得のための規定カリキュラム以外に興味あるコースを選択して集中的に学べる授業です。自分の車両を持ち込むことも可能なので人気があります。
◆ボディメイクアップ/スープアップ等