#

自動車研究科 A/4年

●一級自動車整備士コース
整備士資格の最高峰、
一級自動車整備士資格取得を目指します。

自動車整備士資格の最高峰「一級自動車整備士」の取得最短コースです。電子制御などの最新技術や高難度故障診断、工場安全管理、環境保全など、究極のカーエンジニア像です。
一定期間のインターンシップを通じて整備技術や接客応対、自動車整備事業の運営や管理といったことまで学び、幹部候補生としてのスキルを養います。

全国に先駆け1990年にスタートした日本初の4年制

一級の資格試験が実施されていなかった当時、幹部候補生の育成を目的に独自でカリキュラムを構築し、4年制課程をスタートさせました。高度な整備技術に加えて、接客応対や事業運営・管理まで学べ、現在の一級自動車整備士課程のモデルになるべくスタートしたことで全国に知られています。


最高レベルの講師陣が資格合格率を上げる

学位の最高位である博士(工学)をはじめ、多数の一級自動車整備士資格を持つ講師陣、また自動車用語辞典の編纂や一級自動車整備士問題集の制作にも携わった教員が最高レベルの授業を行っており、一級自動車整備士資格の取得を最大限バックアップしています。


環境や安全などの次世代技術が学べる

次世代のクルマ社会に必要な先進技術に対応するため、加速性能と燃費を向上させるデータの解析、電気自動車の研究、燃料電池の基礎やハイブリッドシステムなど、自動車を取り巻く環境や安全についての授業が積極的に採り入れられています。

自動車コンピュータ整備実務

車両に搭載されているエンジン・コントロール・ユニットなどのコンピュータ・プログラムの解析や変更などを通じて、電子制御システムの原理や特性について修得します。

エンジン性能試験

エンジン性能試験機を使用して、エンジンの様々な性能を測定する技術や得たデータの解析を通じ、車両性能の分析技術を身につけます。

シャシ点検故障探求実務

自動車シャシの様々な状況下での整備手法から整備に関する応用力の養成を図り、音・振動に関する問題解決能力、フルオートエアコンの故障診断技術などの修得を行います。

体験実習(インターンシップ)

パートナーシップを結ぶ企業内で、一定期間の現場研修を通じ、整備技術や接客応対、業務の流れや書類作成など、実際に体験して整備事業の運営・管理などの全体を掌握します。