#

モータースポーツ科/3年

スポーツシーンを体感し
レースメカニックに求められる知識や技術を修得します。

実践教育の中で培う高度な技術力と人間力を磨きます。

授レース活動という実践教育を通じて、レースには必要不可欠なセッティング能力や車両開発といったモノづくりの知識や技術を修得します。また一年間チームとして活動し、チーム運営やマネージメント能力、さらには協調性やコミュニケーション能力を養い、社会に出てから必要とされる人間力の向上を目指します。

レーシングチームからコンストラクターへ

シリーズ参戦しているフォーミュラ4はレース参戦するだけではなく、オリジナルマシンの開発なども行います。金属や非金属(FRPなど)の各部品製作はもとよりマシン性能を決めるジオメトリー解析や空力解析など、コンストラクター(製造者)としてのスキルも身につけることができます。


自分達で造って、メンテナンスして走らせる楽しい授業

レース参戦する競技車両は自分達で製作するのが基本です。ベース車両の軽量化やボディ補強、各部品製作からセッティングまで行います。また自身がドライバーとして耐久レース等に参戦するチャンスも用意しています。NATSのテストコースではサスペンションをはじめとする車両セッティングの変化を体感する授業も展開されます。


レーシングシミュレーターを使った実践授業

サーキットでのデモ走行やレースマシン走行体験の他に、ドライビングスキルを磨いたり、タイムアタックトレーニング用のレーシングドライブシミュレーターとして、またデータロガーシステムを読み込んでドライビングの検証まで、まさに現代レースには欠かせない解析能力を身につけることが出来ます。

レーシングシミュレーター導入

プロドライバーも活用している本格的なレーシングシミュレーターを導入し、ドライビングスキルの向上とデータ解析能力の修得を図ります。

サーキットサービス実務
路面状況やマシンのコンディションに合わせ、状況を判断しながらドライバーの要望に応じて、ホイールアライメント調整、サスペンションなどのセッティングを行います。

ライフ・サポーティング・ファーストエイド

万が一の事故が起きた時に、一刻を争う状態にある人命を救急隊などの専門家が来るまでの間に、応急手当や救護などの処置が施せるよう必要なスキルを身につける実技講習を行います。

モータースポーツ・プランニング実務

レースやモータースポーツイベントを企画運営するプロデュース術を学んだり、レーシングチームの組織編成や予算、スポンサー獲得など、業界を取り巻く様々なビジネスを体験します。

サーキット・オフィシャル研修

独自のカリキュラムと審判員ライセンスの取得により、富士スピードウェイなどの公式サーキットオフィシャルに認定され、コースオフィシャル、技術オフィシャル、レスキューなどの体験ができます。